ストレスが原因でも磁気刺激療法を受けたら治りますか?

磁気刺激療法は高額ですが、短期で結果を出せるというメリットがあります。

ストレスとうつ病、うつ病の新たな見解など最新事情を含めお話ししましょう。

◆原因特定は医師の最新の診断が必要。

うつ病の原因の1つにストレスがあるのは確かですが、うつ病や躁うつ病は、合併症を起こしやすい精神疾患なので、現状でストレスだけが原因と決めつけることはできません。

また発症から長い期間が経っているのであれば、原因の究明よりも改善・寛解が第一。

磁気刺激療法を受ける際に、改めてカウンセリングと診断を受ける必要があります。

◆心の風邪ではなく脳神経のトラブル。

これまでうつ病等は「心の風邪」といわれてきましたが、脳神経の一部が異常反応を起こして起ることが解明されてきました。

※参考までに・・・心の症状だけじゃなかった 「うつ病」よくある3つの誤解

その意味でも磁気刺激療法は有効と思われます。

ストレスが原因でもそうでなくても、また合併症に陥っていても、脳にダイレクトに働きかける磁気刺激療法であれば、理屈上でも有効と理解できるからです。

◆副作用の少ない磁気刺激療法で、積極的に改善を試みることはいいことです。

カウンセリングをしっかり受けて寛解をめざしましょう。

磁気刺激療法は自由診療のため高額ではありますが、短期間で効果が現れるため、先の見えない投薬療法にくらべると社会復帰の可能性が高まり、本人の精神的負荷・ストレスも最小化されます。

ただしカウンセリングは重要ですので、磁気刺激療法の可否も含めてしっかり確認しましょう。