オーストラリアのワーキングホリデーでは事前の英語力が大事

オーストラリアで1年間、ワーキングホリデーメーカーとして過ごした人からよく聞かれるのが、出発前に、もう少し英語を勉強しておけばよかったという声です。

オーストラリアでのワーキングホリデー生活を始める前は、1年間滞在できるし、英語力をアップするには十分な期間と思っている人が多いようなのですが、オーストラリアでもかなりの田舎の地方に滞在しない限り、100%英語環境で生活をすることは、難しいのです。

ほとんどのワーキングホリデーメーカーは、生活の為に仕事をしなければならないというのが、現状です。

そうなると、仕事探しに有利なのは、シドニー、メルボルン、ブリスベンといった都市部の地域ですから、必然的に他の日本人と知り合う可能性も高くなるのです。

また、仕事の種類も、英語でどれだけコミュニケーションがとれるかによって、限られてきてしまうことから、とりあえず日本食レストランでのアルバイトから始めて、ある程度貯金ができると、その後、旅行をして日本に帰国するというワーキングホリデーメーカーも少なくありません。

これでは、英語力をアップさせる機会がないままワーキングホリデー生活が終わってしまうのも納得です。

ワーキングホリデー中、英語環境の仕事に就きたいと思っているのならば、コミュニケーションに重要となるスピーキング力、リスニング力を出発前にある程度つけておくこと、出発前に時間がない人は、現地に到着してから、最初の数週間、語学学校に通うのもいいでしょう。

◎Pickup記事→“受験英語”を“使える英語”に変える実践的会話術|ダイヤモンド・オンライン